Re Another Life

アニメや音楽に始まり哲学など

ホラーにおける ”汚さ” と ”未知” のつながりについて あるいはヒューマンホラーと宗教の関係性について

f:id:AnnieAreYou:20200921204551j:plain


ホラー作品を観たりプレイしていたりすると汚さという要素が散らばめられていることに気が付きます。不潔な場所、異形の化け物、血や臓物などがそれです。そう考えると清潔なホラーというのはあまり考えられないのではないでしょうか。そしてホラーの条件には汚さが含まれるのではないのだろうかか?そういった思い付きに端を発した一連の考察のようなツイートをまとめてここに投稿します。当時は考えられなかったことを追記して解説します。画像はGIMPの練習で作った「人を救いたいレザーフェイス」です。

続きを読む

劣化も無化もせず、ただ積み上がり忘れ去られる映画レビューの繋ぎ止め

 f:id:AnnieAreYou:20200921193021p:plain

ネットに放り投げた文章は自分で投げたのにもかかわらず、同じ自分が書いた新たな文章の積み重ねによって忘れられ埋もれていきます。それでもデータとしての文章はそのまま残ります。誰にも見られないだけでそこには存在しています。観察されない現象は存在していないのと同じだ、という話もありますが。映画レビュー置き場、第三弾です。しばらくぶりです。前回から5か月ほど経ち、50本ほど新たに観ているようです。

 

ラインナップは『ターミネーター2』『ランボー』『インターステラ』

続きを読む

Randonautica(ランドノーティカ)のホラーな効能について

f:id:AnnieAreYou:20200822204549j:plain

Randonauticaとは

 今海外で「Randonautica(ランドノーティカ)」というアプリが話題になっている。このアプリは現在地から徒歩でだいたい一時間以内で行ける場所をランダムで指定してくる。ユーザーは指定された場所に出かけ探索することを促される、つまりは「お散歩アプリ」だ。「日常を離れて冒険する」というのをコンセプトに開発されているようだ。

続きを読む

西谷啓治 西田哲学をめぐる論点(1936) 山内、高橋、田辺の西田哲学批判を通して

f:id:AnnieAreYou:20200721161816p:plain

「西田哲学に対する有力な批判の二、三を取り出し、両者の相折衝する場面をなす若干の論点を、一応、問題論的に検討してみるのが、この小篇の意図である」(p.164)

 

この論文「西田哲学をめぐる論点 —山内、高橋、田辺諸博士による批判の考察—」(1936)は上にある通り西田哲学への批判を通して、その問題点を探っていこう、という趣旨のものです。西田哲学だけでなく、ヘーゲル、京都学派の田辺元などの思想に触れられるお得な内容です。(引用ページ数は『西田哲学選集 別巻二 西田哲学研究の歴史』燈影舎に依る)

続きを読む

狂ったスタローン 『ラストブラッド』

f:id:AnnieAreYou:20200717223151j:plain

 

ランボー』から38年、前作『最後の戦場』から12年の時を経てランボーシリーズ最新作にして完結作『ラストブラッド』が日本でようやく公開された。

 

ランボシリーズはPrime Videoに追加されたことをきっかけに全過去作を予習して映画観へと向かった。自分を含めて観客は10人もいなかったように記憶している。

 

そして肝心の映画の感想はというと「超面白かった」に尽きる…というと嘘になる。もちろん面白かったのは間違いない。しかし、その面白さはかなりの背徳感を伴って感じられた。

続きを読む

ツイフェミという蔑称とフェミニズムの違いについて

ツイフェミ(良い表現ではないので以下文脈によってはツイと略して記す)と呼ばれる人たちの言動は、暴動という形で抗議する黒人のそれと同じだと考えられる。

 

彼らはなんらかの厳密な理論を持って暴れているのではなく、これまで自分たちが被ってきた不平等や差別という暴力をやり返しているのに過ぎない。だから彼らに論理を求め、その論理が破綻していることを指摘しても無意味なのだ。

 

 

 

ここで「ツイフェミ」と蔑まされて呼ばれている現象と、学問としての歴史も論理も備わっている「フェミニズム」が全く別のものとして認識できる。

 

多くの人間は論理が破綻したまま暴れるツイを見て「モテない女性のひがみ」とか「話の通じない相手」という印象を抱き、この印象を直接「フェミニズム」に繋げて考えてしまう。


しかし、これは明確に間違っている。学問としてのフェミニズムはより精緻で冷静な視点で描かれている。「フェミニズム」は哲学や社会学にも通ずる学問なのだ。ツイもフェミニズム穿った目で見ているあなたも結局は学問としてのフェミニズムに触れられていないのだ。

 

 


最後に「ツイフェミ」を客観的に描くにあたってツイに対して悪い印象を持った人も多いと思うが、これも間違いだと僕は思う。

 

最初に言ったようにツイの言動は黒人による暴動に重なる。暴動においては店から物が奪われ、建物は破壊されるという暴力的な行為が日常化する。


この行為が明確に非道徳的なのは疑いようがない。しかし、彼らは物を盗み建物を壊す単なる加害者なのではなく、これまで長い間社会という途方もなく大きな存在に痛めつけられてきた被害者でもあるのだ。つまり論理のない破壊行為は反動であり、加害者に対するカウンターパンチなのだ。


ツイにおいてもそれは変わらない。女性というだけで、男性というだけで何かを強制される、何かを制限される、弱くあることが求められる、強くあることが求められる。


このような暴力をツイの人々は日常的に受けている。私たちだって気付いていないのだけで受けている。それをやり返さず黙って耐えていろ、という方が酷なことではないか。

 

確かにSNSという全方向に発信されてしまうものと、怒りに任せた行動は相性が悪い。主語が大きいと自分は性別差別をしていないと思っている人は「ムッ」と思っても仕方がないと思う。


そんな人にこそ「学問としてのフェミニズム」に触れることでツイフェミと呼ばれる現象について理解することができるのでは、と思ってやまない

『ハロウィン』(2018) 殺人鬼マイケルにおける性

f:id:AnnieAreYou:20200605033909j:image

『ハロウィン』(2018)

 

ハロウィンシリーズ一作目の40年後を描いた作品。実際に『ハロウィン』(1978)から40年経っているのに加えて、キャストがそのままということで話題となった。

 

この記事では殺人鬼マイケルの仮面の下に隠された、暖かいとは言わないまでも人間臭い部分を考察することを目指してみる。

 

  • 殺人の考察

 

f:id:AnnieAreYou:20200605034713j:image

 

考察の端緒となるのはやはりマイケルの殺人だろう。マイケルの被害者となる人物はランダムなのか?という疑問が本編でも上がっていた。ここではこの問題に対して自分の考えを述べ、マイケルの人間性について考えていきたい。

 

まず決定的なのが男女の別である。マイケルは明らかに能動的に女性を選んで殺しをしている。6歳の子供時代に姉を殺害した時からこれは一貫しているのではないだろうか。

 

またその女性達には魅力があるということも共通点の一つなのではないかと考えられる。(まあこれはホラーやスリラーの被害者は魅力的な女性が選ばれる、というより根が深い話にもなってしまいそうだが)

 

これに対してマイケルは男性を積極的に殺そうとはしない。男性の記者を殺したのは彼が向かってきたからだし、カレンの友達の彼氏も彼女を守ろうと向こうからやってきた。

 

オスカーを殺したのも姿を見られたからで、主治医を殺したのは脱出するため。要するに男性は必要に駆られて殺す、という受動的な形を取っている。

 

それではなぜ女性を殺すのか?僕はこのシリーズを一切見ていないので、今作の情報からしか推測するしかないが、女性への憧れとコンプレックスというのが非常に大きいように思われる。

 

  • マイケルの内実の表現、二人の男

 

この女性へのコンプレックスをマイケルに代わって表現してくれた人物が今作には二人いる。女装をしたカレンの彼氏デイブと、カレンにキスをしようとして拒まれたオスカーだ。

 

まずデイブの女装はかなり似合っていて遠目では女性と見まごうが如き出来だった。マイケルは美しい女性ばかりを狙うが、それは自分には到底手に入らない美しさに嫉妬しているのでは無いかと考えられるのだ。

 

マイケルが最初の殺人を犯した場面なんかも象徴的で、美しい彼の姉が裸で髪を下ろしている時に犯行は実行される。

 

(つまりデイブのような男性でありながら女性のような美しさを持つ事がマイケルの一つの理想と言えるだろう)

 

マイケルが女性の美しさに固執していると言うことは、彼の殺害方法の違いからも分かることだ。男性は顎を砕かれたり、歯を抜かれたり、鋭利なもので顔を貫かれたり、頭蓋を破裂させられたりと醜く死ぬが、女性は首を締めたり体を刺されたりと比較的その死体は美しいままに保たれている。

 

次にカレンにキスを迫って拒まれたオスカーだ。彼は彼氏を振った直後のカレンに「フリーだから」という理由だけでキスを求める。オスカーを友達としてしか見ていなかったカレンは当然キスを拒み憤る。これに対してオスカーは「女どもが(セクシーなのが)悪いんだ」と吐き捨てる。

 

彼女らのセクシーさが俺の愚行を誘っているのだ、と言う最低の論理だ。この主張がマイケルの殺人の理由にも当てはまっていると思わざるを得ない。その後オスカーは見事に殺されるわけだが、これは同族嫌悪とも見れるだろう。この同族嫌悪が男性の殺害方法の激しさにも繋がってくるように思われる。

 

以上殺人鬼マイケルの人間性が、デイブとオスカーという二人の特徴や主張に仮託されているのでは無いかという話であった。

 

 

f:id:AnnieAreYou:20200605034830j:image

 

最後に「クローゼット」に触れないわけにはいかない。劇中何度も出てくるこの象徴に触れて僕は以上の主張を想起したと言っても過言では無い。

 

マイケルは襲撃中やローリーから逃げる時に何度もクローゼットの中にその身を隠す。ローリーはこの特性を知ってか、何度もクローゼットの中にマイケルが潜んでいないかを確認する。

 

さてここで「クローゼット」という単語が単なる物体の名前としてではなく、同性愛の暗喩として使われることを確認しておきたい。「性的指向を隠している状態」としてクローゼットという単語が使われるのだ。

 

何度もクローゼットに隠れ、美しい女性を殺し、男性は醜く殺す彼は一体何者だろうか?

 

これは僕個人の妄想を多分に含んだ考察だが、こういうのが映画の面白さでは無いかな?と思います