Re Another Life

アニメや音楽に始まり哲学など

人生における名作を見つけることの難しさ 三つの要素

人間なら誰しも「人生でこれだけは見ておけ、読んでおけ」という作品があります(無い人はさようなら)。本記事では僕が見つけた人生の名作三つを例にとって「如何に名作に触れられるか」と言う事を考えていきたい。

 

  • 運、偶然

僕が最近見つけた「人生の」作品は『ダンスダンスダンスール』というバレエを題材にした漫画です。

f:id:AnnieAreYou:20190306223203j:image

バレエをまともに見たことがない自分の脳内で紙とインクだけで描かれた絵が光を放つ。脳内が痺れ、確たる理由のない涙が上がってくる。すごい漫画です。

 

この漫画を読んだのは本当に偶然です。バレエになんて一片の興味もなく、むしろ我が人生になんの関係も持たないものと認識の外側へと切り捨てていました。私たちが如何に早く消費しても溢れる供給がなされる娯楽の時代です、名作にぶち当たるには運が必要だと言うことがわかります。聞こえが良いように言うと運命です、運命力上げていきましょう。

 

  • 古典

次に僕が見つけた魂の名作は『カラマーゾフの兄弟』です。この作品については当ブログでも熱っぽく語っているので省略。この例示から分かることは「既に高い評価を受けていて尚且つ現代にまで残っている」作品を探すこと、つまりは「古典」に当たるのが良いと言うことです。

 

特にドストエフスキー識字率が10%にも満たない当時のロシアで書かれたと言うのに現代に残っているという驚くべき実績を持っている。残念な点としては当時の宗教観、社会情勢、習慣等といった要素を完全にはカバーできずに読むことになると言う点。どうしても理解に届かない箇所が出てくるのも必然です。

 

  • 体力 、忍耐力

f:id:AnnieAreYou:20190306225638j:image

キューブリックが監督を務める『バリー・リンドン』は3時間23分の拘束を求める時間泥棒だ(途中で休憩(intermission)が入るくらい)。人物、風景、音楽どれを取っても美しさの最高峰で誰もがこの世界に魅了されるに違いない、それに見合う体力を持ってさえいれば。

 

もしも『バリー・リンドン』を体力切れにならず視聴し、これぞ人生の名作であるとなったとしよう。しかし、それでも人生は続くし、また新たな名作を見つける必要を人は認める。だがすぐには動き出せない。たった今から全く新しい作品に触れるなど体力が許すわけがない。何よりこんな素晴らしい作品には余韻に浸るための時間が必要であろう。作品は消費するものではなく、自分の中で消化すべきものなのだから。

 

1週間に10本も映画を見ると言う人間、あなたは映画好きではなく映画ジャンキーである。あなたは映画を自分の中で消化しようとはしない、映画を見ているその瞬間の刹那的な快感に酔って消費しているだけであると。

 

名作を見つけるには作品に触れるしかない。しかし、その見定めには途方も無い時間と体力が要求される(時にはお金も)。

 

  • 終わり

短い人生と比較すれば作品の数は無限に近く、体力はそれ以上に有限です。「偶然」「古典」「体力」これら三つの要素(むしろ制限とも言えてしまう)をうまく利用し、あなたの人生における名作を探しましょう。そして幸運にも「これだ」と言うものが見つかったら僕に教えてください。

『カラマーゾフの兄弟』 恐るべきリアリズムですよ

f:id:AnnieAreYou:20190131143624j:plain

 『カラマーゾフの兄弟』から私たちはどのような教えを受け取るべきだろうか。語り継がれた名作を読むとき、私たちは概してその作品に「正しい読み方がある」と考える。正攻法のあるゲームを攻略するようにその作品の根本的なテーマを目ざとく探すことに夢中になる。

続きを読む

エヴァ破 感想

f:id:AnnieAreYou:20190115005729j:image

戦闘シーンの格好良さ、途方も無いスケールで描かれる使徒の美しさ、シンジくんを含むキャラクターの可愛さ、少しずつながらも確実にいい方向に進展する複雑な人間関係、そして何かよう分からんけどハッピーエンドの雰囲気を醸し出す展開、音楽、効果音、全てに魅了された。

 

ちょうど10年前に公開されたこの作品は当時の観客にどの様に迎えられたのだろう。ひどく勝手な想像だが、テレビアニメの伝説となった『新世紀エヴァンゲリオン』が新たな形を呈し、また新たな伝説を打ちたてようとしている、そのような熱狂的な期待と賞賛を持って迎えられたことは想像に難く無い。

 

特に僕の心を揺さぶられたのは『新世紀エヴァンゲリオン』とは一線を画す人間模様だ。例えば碇家の関係。人間の親とは思えない冷徹なゲンドウが墓参りという極めてプライベートな用事にシンジくんを連れて行く。「母親の墓に息子と行く」ということがプライベートの侵害と思われるほど僕の中の碇家は家族として崩壊していた。しかし、そんな奇跡的なことが何のこともない様に描かれるから驚いてしまう。心なしかコナンくんの光反射メガネばりに無機的なゲンドウの瞳にも生気が宿っている。

 

さらには(実質)水族館への遠足や手料理の振る舞い、さらには恋心の芽生え、精神の成長など非常に人間的な行為が盛りだくさん。使徒との戦闘という死の危険と隣り合っているだけにこの様な人間的生活は輝きを増す。

 

続編である『エヴァンゲリオン新劇場版:Q」がすでにこの世に放たれていることに感謝して、近いうちに手にとってみたいと思う。『破』の素晴らしさは語っても語り尽くせないが、大げさな喩えが許されるとしたら「この世の中に留まる理由」とまでも表される。それほどまでに僕はこの作品に価値を見出している。

ゾシマ長老の語る地獄 カラマーゾフの兄弟より

生きています。あけましておめでとうございます。カントの「神の現存在の唯一の論証」も「ハイデガー技術論」も途中でほっぽりだしてしまって申し訳ない。

 

自分で勝手に納得するのは易いですが文章にするとなると途端に時間が止まったように進まなくなります。文章は他人が読んでも伝わるよう書かねばならないので、論理の飛躍があんまり許されません。そこら辺が原因だなあと痛感します。

 

新年一発目の記事はドストエフスキーカラマーゾフの兄弟』より、ゾシマ長老の考える地獄の観念についてつつきます。

続きを読む

入院と思索

全身麻酔と軽い手術を要する入院をつい先日終えて帰ってきました。全く重大な病気とかでもなく、さらに今まで大きなケガも病気もしたことがなかったので入院というのは人生で初めての体験でした。思うところが色々あった体験だったのでつらつら書いていこうと思います。

続きを読む

役に立つことの負

現代は「役に立つこと」を唯一の指標として回っている。国や企業が経済的に成長するよう政策を打つのは当然であるし、教育は将来の利益に繋がる科目に偏重する。例えば大学における研究費はそれがどれだけ社会的利益として還元されるのか、という指標で決定される。

 

この「有用性至上主義」が採用された理由を探ろう。まず第一に有用性の向上が人類の幸福をより高めているという理由だ。このことは私たちがわざわざ洗濯桶で衣服をごしごし洗うことをやめていたり、風呂を沸かすのに薪を割る必要がないという現実から説明される。有用性を求めて開発された技術は私たちが生きていれば必要不可欠となる作業の効率を上げ、労力を大幅に減少させる。

 

だが縮減された時間はいったい何に使われているのだろうか。個人ではなく社会という俯瞰的な視点で見たときこの時間は労働に使われる。この事実は具体的には女性の社会進出という形で現れる。家事を任されていた女性たちが技術にその仕事を任せ、社会という新たな稼ぎ場へ赴いたのだ。

 

一見無意味で等価交換的なこの現象は実は大きな性質の違いを孕んでいる。家事と社会における仕事には大きな違いがある。両者の大きな違いはその付加価値にある。まず家事とは必要に迫られて行うごく自然なものだと定義できる。自然に溜まっていく埃を払い、自然に空いていく腹を満たし、自然に生える雑草を除く。これらは生きることに根差した現状維持的な行為、プラマイゼロである。

 

これに対して社会に出て行われている仕事とはそこに付加価値が存在しなければ意味がない。新たな商品や企画、政策を考案し実行するのは何のためか。もちろん新たなものを生み出すためではない、新たな価値を生み出すためである。この試みが失敗すれば社会の仕事はままならなくなる。つまり社会の仕事には新たな価値を生み出し続けていく絶対の必要があるのだ。

 

ここに有用性至上主義が採用される隠された2つ目の理由が見えてくる。それは端的に止まれないのだ。付加価値を創出しなければ新たな付加価値を産み出せない、仮に新たな価値を生み出せたとしても次の価値を更に生み出さなければ…というゴールのないマラソンが続く。この流れは最早自覚を許さないほどに大きな渦となって私たちを取り囲んでいる。

 

この果てのない生存競争を有用性至上主義が生み出しているということに疑問の余地はないだろう。ブラック企業という例に光を当てよう。仕事に使う時間が減れば仕事に使う時間が減るというトートロジーすら拒否するこの現象には有用性が人類の幸福に寄与しているという説明を危うくする。

 

これからも有用性至上主義は「役に立つ」という大義の基に大手を振って続いていくだろう。しかし、人間の幸福に寄与せず走り続けることを求められるこの運動に私たちはいつまで耐えることができるのだろう。

ハイデガーと原子力 物と世界、徴用と制作

ハイデガーの技術論「ブレーメン公演」を基としてハイデガーの総駆り立て体制、ひいてはその中心に潜在的に存する原子力批判を紹介していく。おそらく2つの記事にわたる。

 

続きを読む