読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re Another Life

アニメや音楽に始まり哲学など

プラトンにムカついた、すべての人へ

雑談

f:id:AnnieAreYou:20170218235510j:image

人差し指である。くれぐれも間違えないように。 

 

プラトンを学んでいるとむかっ腹が立ってしょうがない。それは想起説やイデア論にみられる理想主義的な思想によるものではない。楽観主義に倒れこむには至らない論理がそこには認められるからだ。

 

それではソクラテスの処刑時に「病気になっていたから行けなかった」と自分で弁明していたことだろうか?これも違う。別に嘘でもいい。

 

それでは何がプラトンを学ぶものに対してこれほどまでに怒りを覚えさせるのであろうか?それはプラトンが自分の思想をソクラテスに語らせることにある。

 

ピュタゴラス学派のアルキュタスに哲人王の面影を見たり、後に(望まない形であれど)それを実行する国となるシュラクサイを渡り歩いた彼の40歳(推定)までの旅はソクラテスの影を振り払うには至らなかったのだろうか?

 

ここではプラトンの著作スタイルの分析により彼の真意を探る。

 

プラトンの著作は『書簡集」と『ソクラテスの弁明』を除けば対話というドラマチックな(物語的と言っても良い)方法で描かれる。哲学の著作といえば小難しい淡々とした論理を積み上げるものが予想されるがプラトンはこれに反している。

 

むしろ読みやすいものとなっており、現代でもその内容の哲学性にも関わらず『嫌われる勇気』などが対話形式をとって大ヒットしている(ドラマはシラネ)。

 

プラトンが対話形式を取った最初の理由としてはそのままのソクラテスを後世に残すことが考えられる。ソクラテスは著作を残さなかった。

 

作中のソクラテスは一貫して「〜ってなんなの?」と、からとぼけをかまし続け結論が近づいても「でもやっぱり分からないよね」と対話を打ち切る。

 

対話篇を用いるのには2つの意味が推測される。1つは「無知の知」を超え出でないソクラテス思想を語るソクラテスを描くこと。2つ目は生前のソクラテスを描くことによって彼が言わんとしたことをプラトン自身が探り当てる追及の場とすることである。

 

2つ目の意味には少し説明が必要である。それはソクラテスが著作を残さず対話を続けた理由にある。ソクラテスが著作を否定したのは「知というものは対話によってしか伝達されないし、対話によってしか自身の内に現れない」と考えたからである(とプラトンが考えたからである)。

 

確かに対話篇も実際の対話ではないことには違いない。しかし実際の知の発生に最も近い形式をとったことに意義があるのであり、プラトンが対話篇を用いた説明にはなっている。

 

そろそろプラトンの真意が見えてきたのではないだろうか。プラトンは何も自分の意見を権威あるソクラテスに語らせようとしたのではない。ソクラテスが考えたであろう思想を受け継ぎ発展させ、それを当然ソクラテスの所有物として表しただけなのである。

 

この表現だと誤解がある。彼らが考える「真理」というのは1つしかない、万物に適用されそれが存在することで全てが可能となっている圧倒的なものである。

 

だから数学の法則のように自分の名前をつけることなど考えないし、そもそも誰の所有物とも思っていない。真理は普遍的なものであり「〜にとっての真理」などはあり得ないのだ。

 

つまりプラトンの対話篇とは真理に対する純粋な信念と師が真理への道を託したという信頼が堂々たる姿で描き出された熱い男の生き様に他ならない。

 

むしろ露わになったには私たちの真理への疑いではないだろうか。ごめんなさい、プラトン

 

まあその結果長きに渡る哲学史に一本の軸を備え付けた超越的な存在を生み出してしまうのだが、それはまた別の話。

やはりネットにおいて他人の意見は聞くべきではないのか

雑談

f:id:AnnieAreYou:20170216031052j:image

ネットの海に溺れながら生活する現代人。そこで出会う人たちも大体は溺れているか漂流している。たまに大局に立って陸地から我々を見下ろす人たちもいるがこれは僅かだろう。

 

そんなネットの波に翻弄され続けながらも我々は同じ漂流者とコミュニケーションを取ることがある。たまたま同じ趣味の情報に流れて来たり、同じ主題に対して異なる意見をぶつける場合である。

 

しかしこのコミュニケーションはほぼ必ず失敗する。対話を始めた場所は極めて不安定で次の瞬間対話相手が消えて(ログアウト)しまう可能性が常につきまとう。

 

さらにこのネット上での私や相手には個人的な情報が圧倒的に足りない。対話をする上で相手を知ることは会話の前提を知ることに他ならない。

 

そんなスカスカな状態の我々の刹那的なぶつかり合いを果たして対話と呼んでもいいものだろうか?「他人の意見を聞くべきではない」という主張はそもそも対話が成り立たないという事実に基づいている。

 

そんなこというと読書なんかは作者との一方的な対話という性質あってこそのものだが、それも無効なものなのか?とか、そもそも面と向かっての会話でも原理的には全く違わないじゃないか(他人を100%理解することはできないじゃん)、という素晴らしく哲学的に突き詰めた反論が予想されるが、やはり現実的には折り合いが必要である。

 

ソクラテスに始まりニーチェに終わる哲学史の中でならここで「神の存在や素晴らしい人間理性」という超越的な概念を無理やりぶっ込みます。

 

現代はというと……勉強中なので、暫しお待ちを。

イミテーションゲーム 唯物論への入り口

映画

f:id:AnnieAreYou:20170214032734j:image

今回の記事は視聴直後の感想書きなぐり、というスタンスを取る。正確に調べる必要がある情報や概念についても触れるので、見解がふわふわしていたり、論理の導く先が間違っているかもしれないが、そこはご勘弁を。

 

主人公のアランチューリングは天才なのだが他人の心中を察する能力が極端に欠如している。そのため仲間には嫌われ恋人(?)にも思い一発を食らってしまう。

 

加えて同性愛が禁忌と見られていた時代に同性愛者だったのだから自己に対する悩みは絶えない。

 

アランは同性愛の容疑で逮捕された際、尋問に来た刑事に国家機密であったエニグマ解読の事実と彼のストーリーを打ち明け尋ねる。

 

「僕は人間なのか?マシンなのか?」

 

人間と機械は違う考え方をする、しかし人間も他の人間とは違う考え方をする。ここに違いはないという考えを提示する。

 

脳細胞だろうがネジだろうが物質が違うだけだというのだ。ここには決定的に唯物論への偏向が見られる。

 

唯物論というのは圧倒的に正しく聞こえる。現実が付いてくるからだ。エニグマの解読器も「解読」という目に見える事実のみが重視されたわけだ。アランがエニグマを打ち倒すために「人間よりも計算が早い機械を作る」という手段は人間の脳みそと機械を並行的に扱う態度に他ならない。

 

アランが自殺したことも映画は同性愛治療のための強制的ホルモン治療と関連づけていた。とことん唯物論的な作品である。

 

しかし本当に唯物論はこの世の真理なのだろうか?この思想を打ち砕くのに必要なものもまた論理である。

 

観念論、言葉が現実を作るという思想、心身二元論……

 

結局ごちゃごちゃした纏まりのないものになったが、やはりその時の勢いを書き起こしておくというのは重要なことだと感じる。

 

映画としては心惹かれるメインテーマと幾重にも重なった副次的な要素が期待通りに機能する心踊る素晴らしいものでした。おすすめです。

哲学の歴史を追う2 無限への道

f:id:AnnieAreYou:20170206181034p:plain

前回は哲学の発生という原初的なテーマを見ていきました。文字の発生によって生まれた自我が知的好奇心を宿す。それが哲学の発生でした。

 

今回はテンポよくミレトス学派の自然哲学者たちを見ていきましょう。彼らはミレトス学派とは別の分類であるイオニア学派にもあたる人物たちです。ミレトス学派がミレトス出身の学派ならばイオニア学派は万物の根源(アルケー)を規定して世界を考えた学派となります。

続きを読む

雑談 哲学が嫌われる理由

雑談

テスト勉強期間に入るとテストに関連していない物事への関心や集中力が高まるという経験を誰もがしたことがあると思う。

 

これは経験に基づく理論なんですがテストに関連しない物事への関心だけでなく実際に「能力」も高まっている気がする。

 

僕はよくオンラインFPSをプレイするが勉強の合間にすると普段ではありえない成績を残すことが多々ある。

 

これを「机に向かうことの効用」と取るか「嫌いなことからの逃避手段」と取るのか難しいところである。結果論からすれば「効用」というのが動かぬ真実であるのだから前者後者問わずに良いことであるとされる。

続きを読む

議論しない際に気をつけるべきこと 議論と発表の違い

雑談

f:id:AnnieAreYou:20170111151052j:image

人と議論をするときに気をつけるべきことは多くある。感情的になってはいけないとか、相手の意見を聞くとかそういったことである。

続きを読む

「AIに人権を与えるべきか」という問題の判断基準を探る ドラえもんに見る「人権」

思考実験

f:id:AnnieAreYou:20170110031933j:image

近い将来、私たちの生活の周りには今よりも随分高度なAIにあふれていると予想されます。「高品質」と表現しなかったのもしかしたら彼らに私たちと同じもしくは、それ以下の、もしくは最低限?の人権が与えられているかもしれないからです。

続きを読む