Re Another Life

アニメや音楽に始まり哲学など

Twitterは史上最悪のSNSだ

まあこの記事もTwitterで拡散するつもりであるので皮肉なもんだが、この使い方はここで述べる「最悪なSNS」の使い方はには当てはまらないと思う。

  • 匿名と記名の間に産まれた最悪のモンスター

なぜTwitterがここまでクソであるのかを述べるのにはその性質を述べるのが良さそうだ。

Twitterとかいうクソの溜まり場は以下の2つによって生まれる。

1、本名を名乗らずに発言することが可能な上、持続的、そして悪循環

これが本当に最悪である。リアルの世界には介在しない程度の匿名性であるから好き勝手言える。しかし、その発言の積み上げは徐々にリアルの世界の自分とは別の人格を作り上げる。現実では言えないようなことを当然のように言い放つ。

よく炎上したDQNが「キモオタども黙れ」というが全くもってその通りである。いじられキャラが自分より格下の奴にいじられてマジギレするのと同じだ。相手に対する身の程を分かっていないのだ。(というか知らない奴を突然いじるとか常識的に考えておかしい)

2、似た者同士が集まる

リアルでは理解されないのでネットで趣味の同志を募る。なんて素晴らしい関係なのだろう…か?

人がコミュニケーションを取れば大なり小なり影響を受ける。自分と同じ思考を持った人もいれば、真逆の考えを持つものもいる。現実ではそれらの中で自分の思想がプラスされマイナスされて形成されていく。自然な流れだ。

だがTwitterではどうだろうか。そこでは「自分の意見を形成する人間」を簡単に取捨選択することができる。一方の不快な反論は耳に入れないまま、心地よい意見だけを自分の周りにグジュグジュ集め熟成させることができるのだ。

こんな環境にいる人間がまともな筈がない。理屈で固めはしたもののこれは、僕の実体験である。3年間を通して発見したクソの塊である。

具体的に言うと現実にいたらドン引きされる連中である。この経験を通してのアドバイスとしては、冷静になって自分の匿名垢の周りの人間を見てみたほうがいいということ。

広告を非表示にする