読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re Another Life

アニメや音楽に始まり哲学など

映画を3Dで見ることによる利点

映画

ジュラシックワールドを3Dで観てきました。MIB 3に続いて3Dで観た映画ですが映像は素晴らしかったですね。

今作の視聴を通して映画を3Dで見ることによる利点というものが浮き上がってきました。

それはズバリ「奥行きの強調」

考えてみれば当たり前のことですが「強調」されて初めて我々は劇中のオブジェクトの配置の効果を感じることができます。

正直「映画のようなゲーム」というのが出てきたときに自分には、それらのゲームと映画の違いを明確に述べることができませんでした。

しかし四六時中プレイヤーの意思を反映しキャラクターが好き勝手に動くゲームと違い、映画というのは製作者側が意図した通りのカメラアングル、時間、配置などを可能にします。

それらの効果を強調し意義を確認させた「3D」という要素は「映画を更に映画たらしめる」素晴らしいものでした。家庭での普及が待たれる。アバターまだ見てないんですよ。